読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵になる京都生活。

転勤族の旦那さんについて、京都で暮らすことになりました。京都生活を満喫するために毎日ひとつ、絵になる時間を取り入れたい。目の前の出来事にキャッチコピーをつけて“絵になる瞬間”を書き留めておくことが好きです。

ネクストイノベーションの日向徹に憧れて。

エッセイ

f:id:erina_1104:20160409125931j:plain

最高で最強に大好きなドラマ、リッチマンプアウーマンをまた観直した。

これで何度目かわからないけどとにかく好きで仕方ないのです。

 

 

小栗旬さん演じるネクストイノベーションの社長、日向徹の言葉。

 

『今ここにない未来は自分で創る』

 

何度聞いてもいいなあ。

 

 

 

未来に期待をもたせたり、希望を感じさせる言葉の影響力って強いと思うんです。

 

なんかこう、、、長い長い一本道に光が差し込んでいるような風景をイメージさせるというか。

目の前にある道は果てしなく長くて遠いんだけど、ずっとずっと光が照らしていてくれているから大丈夫な気がする。未来はきっと輝いてる。そんな風に思わせてくれるから、前向きな心も続きそう。

 

 

私はどうも気に入ったドラマや映画を何度も見たくなる派のようで。

それは見るたびにその時の自分の状況や心情で、捉え方や心に残るセリフも違ってくるからかもしれない。改めて観ると、こんな名言あったんだ…とかこのシーンにはこんなメッセージがあったんだとか…新しい気づきがあると嬉しい。

 

昨日も気づきの嵐だった。

帰って来た旦那さんに興奮気味にリッチマンプアウーマンの名シーンをプレゼンした。「へー。」と言って聞いてくれたけど、わたしの冷静さがまったく感じられないプレゼンにちょっと引いていたと思う。ちなみにわたしが熱くプレゼンしていた名シーンとは、日向徹のプレゼン能力がすごい!!!って内容です。

 

 

 

 

 

それにしても日向徹はカッコイイ。ついていきたい。

 

自分が新しい世界を創る。世の中を変える。

変化を恐れない。諦めない。

 

 

石原さとみさん演じるマコトと同じようにわたしも大手企業の内定蹴ってでもついて行ったと思うんだ。大手企業からの内定もらったことないけど。