読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絵になる京都生活。

転勤族の旦那さんについて、京都で暮らすことになりました。京都生活を満喫するために毎日ひとつ、絵になる時間を取り入れたい。目の前の出来事にキャッチコピーをつけて“絵になる瞬間”を書き留めておくことが好きです。

選択と決断

エッセイ

生きていれば選択の連続で、

毎日なにかを選んでいるし毎日なにかを決めている。

 

だけど日常の選択はいってしまえば小さなもののだ。

たしかにこの頃は大きな選択をしていなかった。

 

 

 

大きな選択はとつぜんやってくる。

 

 

 

 

大切な人がしてほしいことと

私がやりたいことは時にすれ違う。

 

 

 

 

それでも自分のやりたいを貫き通すことで、こんなにも周りを巻き込み

少なからず誰かの日常の選択に影響を与えることになると痛感した。

 

 

 

「私の人生は私のもの」

だなんて生意気にそして平然と言っていたけれど

 

その言葉が成り立つのは、大切な人からの支えがあるからなのだ。

 

 

 

私の人生を創るのは私だけど、そこには多くの人が携わってくれているんだということを忘れてはいけない。

 

 

自分の選択と決断には責任をもつのだ。